自殺総合対策大綱の見直し(改正)に向けての提言 第一次案

平成24年2月17日, Version 1.3
自殺予防総合対策センター
自殺総合対策大綱改正の提言に向けてのワーキンググループ

全てダウンロード

要約
本文
 はじめに
 提言第一次案について
 提言第一次案
 1)大綱の改定において要望する内容
  大綱の抜本的な改定の必要性
   これまでの大綱のモニタリングと評価
   焦点を定めた財源及び人的配置による効果的な対策の必要性
   政府、地方自治体、民間団体、各支援者等の分担と連携の明記
   保健医療福祉制度や様々な制度の改革を可能とする仕組みの必要性
   目標の設定方法とその妥当性の記述
   国際的な協調
 2)我が国で必要な科学的根拠に基づく自殺予防活動
  自殺の背景にある問題に対する活動
   精神疾患に対する支援の充実
    精神科医療の充実
    救急医療における自殺未遂者に対する支援の充実
    心療内科医療の充実
    身体疾患に対する専門医療場面における精神保健の充実
    かかりつけ医療(プライマリケア医療)場面における精神保健の充実
   地域における精神疾患の支援
   一般住民の正しい知識の普及
  精神疾患の背景にある問題に対する施策
   教育及び教育場面
   産業精神保健・産業衛生の向上
   一般住民
  調査研究の推進と得られた知見の活用
  人材の育成
  その他
別添1(作成手順)
別添2(各学会から提出いただいた提案) <50音順>
  GID学会(2011年10月31日更新)
  日本アルコール・薬物医学会、日本アルコール精神医学会、日本アルコール関連問題学会
  日本うつ病学会
  日本学生相談学会
  日本救急医学会、日本臨床救急医学会
  日本公衆衛生学会(2011年10月10日更新)
  日本サイコオンコロジー学会
  日本産業衛生学会
  日本睡眠学会
  日本精神衛生学会
  日本精神科救急学会
  日本自殺予防学会
  日本心身医学会
  日本心理学会
  日本心理臨床学会
  日本プライマリ・ケア連合学会
  日本臨床精神神経薬理学会
  日本老年精神医学会

TOP >自殺対策ネットワーク協議会